公害


概説

都市の公害には大きく2つの種類があり、汚染(Pollution)と騒音(Noise Pollution)に分かれる。
これらはそれぞれ個別の情報インターフェイスを有している。

市民は公害の近くに住むことを好まず、公害によって幸福度や健康度が下がり、汚染された土壌を中心に地価は減少する。そのため、住宅区画は汚染や騒音から距離をおいて設置する必要がある。

土壌汚染は汚染源を除去後放置すると解消される。また、汚染水が干上がったあとには土壌汚染が残る。

汚染(Pollution)

土壌汚染

土壌汚染は主に各種産業と発電所、ゴミ処理施設によって引き起こされる。
農業特化は土壌汚染を引き起こさないが、他の特化産業は土壌汚染をより増加させる(石油特化+30%、鉱石特化+20%、林業特化+7%)。
土壌汚染のある場所に住宅を作ると、満足度や地価が減るだけでなく市民たちがバッタバッタと病気で倒れていく。 工業や商業にも悪影響は多少あるが、住宅ほどではない。
土壌汚染のある場所から給水タンク(ポンプではない方)で水を汲み上げると、上水道が汚染されるので注意。

水質汚染

下水の排出場所や農業特化の工業は、その場所を中心に水質汚染を発生させる。
汚染は下流へ流れ、そこから水を給水ポンプで汲み上げると、飲んだ市民たちがバッタバッタと病気で倒れていく。
水質汚染は当然ながら水場にしか起こらないので、水場に設置しなければならない下水はともかく農業特化の工業は水場から離しておくと安全。

騒音(Noise Pollution)

道路、商業区画、産業区画および発電所やユニーク施設など様々な建物が騒音を引き起こす。
道路による騒音は防音壁や芝生、街路樹付きの道路へアップグレードすることによって軽減することができる。

  • 最終更新:2015-03-23 12:20:31

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード