教育


教育施設比較表

施設 費用
(€)
維持費
(€/週)
汚染 騒音 水消費
(m3/週)
電力消費
(KW)
生徒数 サイズ
(セル)
アンロック
小学校
(Elementary School)
10,000 160 0 0 240 480 300 4×6
(24)
Little Hamlet
コミュニティ・スクール
(Community School)
12,000 240 0 0 160 320 250 4×8
(32)
DLC「Green Cities」
Little Hamlet
高校
(High School)
24,000 560 0 0 400 960 1,000 5×6
(30)
Tiny Town
芸術学校
(Institute of Creative Arts)
30,000 720 0 0 240 640 800 6×10
(60)
DLC「Green Cities」
Tiny Town
大学
(University)
75,000 1,920 0 0 640 1,440 4,500 8×14
(112)
Big Town
学部
(Faculty)
24,000 640 0 0 320 320 800 3×5
(15)
DLC「High-Tech Buildings」
Big Town
近代技術大学
(Modern Technology Institute)
90,000 2,400 0 0 480 1,200 4,000 12×13
(156)
DLC「Green Cities」
Big Town

教育施設 概説

  • 市民の教育を行う施設。
    • 市民は教育を受けることにより「無教養(Uneducated)」から「初等教育済み(Educated)」「中等教育済み(Well Educated)」「高等教育済み(Highly Educated)」とレベルが上がる。
  • 教育と雇用
    • 産業施設・商業施設は、一定の教育度を持った市民を職員として要求する。
    • 市民の教育度が、施設の要求する教育度に達しないと、施設の満足度が低下する (*1)
    • 労働者は、自分の教育度に合致しない求人に ほとんど応じない。
      • 教育度が高すぎても低すぎても雇用率が下がる。
      • 高等教育済みの求人は、最大でも全体の60%。過度な大学教育は教育ミスマッチによる労働者不足を生む。
      • 無教養者しか要求しない農業・林業は、学校が1つでもあれば慢性的に労働者不足になる。
  • 通学システム
    • 通学可能範囲は、どの学校も非常に広い(道路が緑になる範囲よりはるかに広い)。
      • 特定の地区のみ教育を制限することはできない(せいぜい、条例で多少の制限ができる程度)。
      • たとえ道が繋がっていなくても市民は通学してくる。
    • 特化産業の為に教育を制限する場合は、足りなさすぎると思えるくらい学校を減らす必要がある。
    • 教育には時間がかかる。
    • 通学システム詳細は、後述
  • その他教育のメリット
    • ゴミ排出量、電力消費量、水消費量が減る。犯罪が抑制される。
    • また区画がレベルアップしやすくなり、税収が増す。
  • 「モニュメント」のハドロン衝突型加速器を設置することで、都市内全ての教育レベルをMaxまで引き上げる事ができる。
  • DLC「Green Cities」
    • 各種学校のエコ版が追加された。 一律で費用が2割増し、生徒数が2割減しており、性能だけを見るならば従来型の学校の方がお得。
    • サイズもかなり大きめ。

小学校

education01.jpg
生徒数は300人とやや少なめだが、後述の通り、足りなくても問題はない。
基本的には、深いことを考えずに、設置すればよいが、農業・林業特化を行う場合は、数を抑える必要がある(よほどの巨大都市でなければ、1校でも十分or過剰)。

高校

education02.jpg
最大生徒数は1000人。欧州テーマの高校は無駄に大きいので広い土地が必要になる。
説明書きにはティーンのみ通学可能とあるが、実際には若者なりたての市民でも通える。
(これにより、小学校なしでも高校さえあれば中等教育の大人が生まれる可能性が出る)
都市設計にもよるが、初等教育労働者の求人も多い(下表参照)。高校を建てすぎると雇用のミスマッチを生むので注意が必要。

大学

education03.jpg
在籍できる学生数が4500と非常に多い。説明書きには若者のみとあるが、大人なりたての市民でも通える。
ただし全員が通うわけではなく、学生数を増やすには条例の教育強化を使う必要がある。
通学する学生によって渋滞が起きることもあるため、都市部から少し離して設置し、交通機関を活用するのが良い。
良くも悪くも都市の産業に大きな変化をもたらす。オフィス区画を活用したい場合はほぼ必須だが、特化工業を壊滅させる側面もある。

学部(Faculty)

要DLC「High-Tech Buildings」
通常の大学より面積が小さい上に在籍可能学生数も少ない大学。
高校とほぼ同等の維持費で運営できるので欧州テーマだと高校よりこちらを置いた方がよいかもしれない。

Community School、Institute of Creative Arts、Modern Technology Institute

要DLC「Green Cities」
基本的に、それぞれ小学校・高校・大学と同じ機能を持つ。
通常の学校と比べ、生徒数が少ないが、維持費は高額なため、
半分景観アイテムのつもりで設置しないと割に合わない。

教育システム詳細

  • 通学する市民
    • 該当施設に通える年代で、その施設の最高学歴を得ていない市民 (*2)は全員通学可能である。
      • 情報ビューの「通学可能な市民」は、異なる意味の数値。「該当施設の最高学歴に辿り着ける市民 (*3)の数」が表示される。
    • 学校には、都市のほぼ全域の市民が通学する。
      • 道路が緑になる範囲は、関係がない。
      • 道路がつながっているか、すら関係ない。
      • 地域間で教育度に差をつけたい場合、地区設定と条例が関の山。
    • 上記2仕様の結果、情報ビュー上で学校の定員が不足していても都市全体に教養が普及する
      • 定員不足でも「卒業 → 次の市民が通学 → 卒業 → …」を繰り返して教育が普及するため
      • 工業特化等で、低教育度の市民が欲しい場合、学校の設置は非常に慎重に行うこと。
  • 教養の獲得
    • 学歴は無教養→初等→中等→高等と逐次ステップアップしていく。飛び級はない。
    • 下位の学校に通った事の無い市民でも、上位の学校に通学できる
      • 例1: 無教養の市民が高校に通い、初等教育済みになる
      • 例2: 大学しかない都市でも、次の通り中等教育済みの大人が出る(高等教育済みも出るが極少数)。
            若者の時に通学して初等教育済みになる → 大人の時に通学して中等教育済みになる
  • 教育普及にかかる時間
    • 教育には下記の通り時間がかかる
    • 新規住宅区画の市民(移民第1世代の大人)は、ほとんど通学しない
      • 基本的に、生活費のために就職する事が理由。
      • 第1世代でも子供は通学するが、それだけでは建物の平均教育度は伸び悩む
      • 建物平均教育度の大きな伸びは、第1世代の大人の死を待つ必要がある。
      • 条件が良ければ、第1世代の大人でも少数ながら中等教育を得られる。
  • 教育普及は住宅区のレベルアップに大きな影響を持つ
    • 教育ビューで道路が緑になる範囲に入っているかではなく、実際の教育度が重要。
    • 上述の通り、教育には時間がかかるため、住宅のレベルアップにも時間がかかることが多い。
  • 教育と雇用・その他教育のメリット
    • 概説に一通り記載したため、省略。
  • ハドロン衝突型加速器は、上記制約を受けない
    • モニュメントから設置する施設。
    • 設置すると、子供は初等教育済み、ティーン以上は高等教育済みまで教養を得る。
      • 通勤しながら教養を得られるため、教育の普及速度は非常に速い。
    • 都市全体の約9割を高等教育済みになる。
      • 特化産業の維持はまず不可能になる。
      • 概要で述べた、過剰教育による雇用率の低下を引き起こす。
        (最も教養の高い求人を出すオフィス区ですら、中等教育者不足で稼働ギリギリになりがち)
    • 人形を持ち歩く子供が最大レベルのオフィス区画に勤務している、というシュールな光景も…

各区画の要求教育度(求人数の割合)

各区画において出される求人の教育度比率は、以下の通り。
実際の求人数は、基本的に施設の総求人数に以下の数値を掛け、端数を丸める事で計算できる。
(端数を切り上げるか切り捨てるかはランダム。0にもなりうる。)
ただし、一定期間ごとに20%の確率で「空きのある最低学歴の求人」1人を取り下げ、代わりに上位の学歴(ランダム)に対して、求人をかける事がある。

区画 レベル 無教育 初等教育 中等教育 高等教育
低密度商業
非特化工業
Lv 1 100%      
Lv 2 20% 60% 20%  
Lv 3 5% 15% 30% 50%
高密度商業
オフィス
Lv 1   40% 50% 10%
Lv 2   20% 50% 30%
Lv 3     40% 60%
観光特化 20% 20% 30% 30%
レジャー特化 30% 30% 20% 20%
地元産有機栽培特化 50% 50%    
林業・農業特化 100%      
鉱業・掘削業特化 20% 60% 20%  
IT特化   10% 40% 50%



コメント

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。

投稿済みコメントに返信する場合はコメントを選んでから投稿してください。


画像認証
  • 高等教育より下の働き手も相当に必要なので、ちょっと学校足りないかな?くらいでも充分だったりする --- (2015/03/19 12:01:28)
  • High Schoolは高校と訳されてるけど日本で言う中学(ジュニアハイ)と高校(シニアハイ)を合わせた概念でいいのかな?それともElementaryが義務教育過程(中学まで)相当でHigh Schoolは義務教育終了後の高校相当だけ? --- (2015/04/02 15:38:46)
    • 時間経過で人口構成と学生数の推移を観察してみたところ、High School は中学&高校のようです。(感覚的に…) --- (2015/04/14 17:39:51)
  • アメリカでは小中あわせて9年生まであった気がする。 --- (2015/04/03 23:40:04)
  • テーマ・ヨーロッパの高校 12*13、大学13*12 --- (2016/07/30 20:04:07)
  • 「教育の落とし穴」、「例外的な飛び級」、「教育による施設レベルアップ」の3項目を統合しました。 --- (2017/03/15 21:31:54)

  • 最終更新:2017-10-31 01:27:48

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード