Train StationsとBridges and Piers

コンテンツクリエイターパック「Train Stations」「Bridges & Piers」

cities_skylines_trains_bridges.jpg
2021/5/21発売、価格4.99ドル
スチーム、PS4/5、XBOXで同時発売。
PS4版において、日本ではスパイクチュンソフトが翻訳、販売しているためPSstoreJPでは5/21現在、販売されていない。予想価格は660円。
速報!5/24日、PS日本版、発売。価格は660円。(スパイクチュンソフトの公式サイトはまだ更新されていない)

Train Stations

12種類の駅と4種類のハブ駅が追加される。
12種類の内、6つが鉄道駅、残りが地下鉄駅である。

このコンテンツクリエイターパックの特徴は、今まで相対式だった駅が殆どが島式になったことだ。

地下鉄駅1

ホーム非共用の場合の路線接続可能数「1路線」
道路を地下でまたぐ形で、一面二線。
2車線道路だと片方に2セルの隙間ができるが、これは4、6車線道路ためのものである。
IMG-2040.png

地下鉄駅2

「2路線」
道路を地下でまたぐ形で、二面四線。
2車線道路だと片方に2セルの隙間ができるが、これは4、6車線道路ためのものである。
IMG-2041.png
写真右が地下鉄駅1、左が駅2

地下鉄駅3

「2路線」
地下にある、二面二線。
ホームの間に四本線路があり、真ん中の二本は特急、快速用の線路である。
IMG-2042.png

地下鉄駅4

「1路線」
道路を高架の形でまたぐ、一面二線。
2車線道路だと片方に2セルの隙間ができるが、これは4、6車線道路ためのものである。
IMG-2043.png

地下鉄駅5

「2路線」
道路を高架の形でまたぐ、二面四線。
2車線道路だと片方に2セルの隙間ができるが、これは4、6車線道路ためのものである。
1200px-Train_stations_official_screenshot_05.jpg

地下鉄駅6

「2路線」
道路を高架の形でまたぐ、二面二線。
2車線道路だと片方に2セルの隙間ができるが、これは4、6車線道路ためのものである。
ホームの間に四本線路があり、真ん中の二本は特急、快速用の線路である。

鉄道駅1

「1路線」
一面二線。
駅右に接続口がある。
駐車場とホームの間に謎にデザインのいい広場があり、専有面積の割に機能が乏しい。
IMG-2032.png

鉄道駅2

「2路線」
二面四線。
駅中央に接続点がある。
IMG-2031 _1_.png

鉄道駅3

「2路線」
二面二線。
駅右に接続点。
ホームの間に四本線路があり、真ん中の二本は特急、快速用の線路である。
IMG-2030 _1_.png

鉄道駅4

「1路線」
一面二線。
駅中央に接続点。
ホームの上に飲食店的なものがある。
名古屋のベッドタウンにある駅のようなイメージで、駅下に店舗が入るよう場所があり、比較的日本風である。
2021-05-23 _7_ _8_.png

鉄道駅5

「2路線」
二面四線。
駅中央に接続点。
曲線駐車場や曲線の入口は空港を連想させる。
反対側にも同駅を設置すれば、ターミナル駅のような見た目になる。
IMG-2034.png
1200px-Train_stations_official_screenshot_06.jpg

鉄道駅6

「2路線」
二面二線。
駅左に接続点。

駅下にも駐車場がある。
ホームの間に四本線路があり、真ん中の二本は特急、快速用の線路である。
IMG-2033.png


4種類のハブ駅


直感的に路線を設定すると、「あれ?ここ繋げないの?」となる。実は駅も一方通行なので、左側通行になら右から前方に路線を設定することはできない。
しかし、終点(折り返し地点)においては始点と反対のホームを選ぶため、一見右から出ているようでも、終点だからである。
それを理解した上でも「なぜ引けない」となることがある。これに至っては不明。バグの可能性もある。

今回の駅は、環状の路線を引くときに「なぜ?」となることはないが、折り返す路線(なんていうのか知らない)は少し調整が必要だ。
尤も、東京大阪名古屋のような路線網をつくらない限り起こることはない。ぐちゃぐちゃにしたいのならばMODの導入を推奨する。

Bridges & Piers

7種類の道路橋、3種類の単線鉄道橋、2種類の歩道橋、8種類の岸壁、2種類の桟橋が追加される。

このコンテンツクリエイターパック(以下CCP)の目玉はHigh Speed Rail Viaductと考えられる。
(日本語化モッドは発売時、このCCPに対応していないため英語に変更しないと詳細は表示されない)
説明には220kmphとあり日本語にすると時速220kmだ。

時速220kmというと、初期の東海道新幹線営業速度と同じものになっている。
追記:現在、ハイスピード線路において、バニラの線路と速度の変化は認められなかった。つまり、見た目を変えるだけのものである。

  • 最終更新:2021-07-21 11:17:16

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード